毎朝のお味噌汁に!

2021年08月23日

以前のに日記で毎日卵焼きを作っていることを書いたのですが、その時「ブロッコリースプラウト」を刻んで入れたりしていますと書きました。

DSC_1633.JPG

よくよく調べたら「ブロッコリースプラウト」に含まれる酵素は加熱すると酵素の力がなくなって「スルフォラファン」が生成されないので、生で細かく刻むか、すりつぶすか、よく噛んで食べるのが良いとの事でした。加熱して卵焼きやお味噌汁に入れる方法がないか探していたら…見つかりました!

「スルフォラファン」は熱に強いので生成されてしまうと加熱しても大丈夫なのだそうです。刻んで40分ほど待つとスルフォラファンが一番多く生成されて、その後は減少することはないそうです。

でも水溶性との事だったので、さっそく今朝の簡単お味噌汁に刻んで40分ほど置いたものを入れてみました。これなら溶けだした成分もばっちり吸収できますね。

DSC_4237.JPG

ウズラ卵、干し椎茸パウダー、鰹節粉、ひきわり納豆、お味噌、ブロッコリースプラウトで栄養満点の我が家の朝食完成です!

私が「スルフォラファン」にこだわる理由は「解毒作用」があって肝臓に良いと事、お酒の好きな私には必需品です。また抗酸化作用が高く、免疫力の低下を抑えたり、ウィルス感染抑制に効果があるそうです。

「スルフォラファン」を含む食品はほぼアブラナ科も野菜のみだそうです。キャベツとかブロッコリーとか蕪、白菜などだそうです。キャベツを細かく刻んだコールスローサラダもスルフォラファンが摂れそうですね〜(^_^)v



『note・綺綸堂』
シェフの料理の詳細なレシピなどを紹介しています。

安納芋のバター醤油煮/ごちそう会(2019・2)

DSC_1194.JPG


👘「綺綸堂福岡教室」&「東京LESSON」は現在お休みしています👘

👘綺綸堂はHPはこちらです👘
posted by diary-kirindou at 22:48 | Comment(0) | 今日の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: