鯉料理を食べてきました

2021年03月01日

昨日のプチ女子旅、桜島フェリーで大隅半島に渡ったのですが桜島は噴火直後で灰が舞っていて他県出身の友人は「凄い、凄い!」とテンション上がっていました。

line_537169526405658.jpg

最初の目的地は鹿屋にある「鯉料理店 滝の茶屋」です。くねくねの山道ではお猿さんの群れを見つけたり、車の前をイノシシの子供が横切って行ったりと面白い出来事がいろいろありました。

line_537182048777945.jpg

滝の茶屋」は鄙びた感じのお店でしたが、心のこもったおもてなしをしてくださって心地よく過ごすことが出来ました。

DSC_1738.JPG

DSC_1737.JPG

DSC_1714.JPG

お料理を待つ間、鯉の泳いでいる池を眺めていたら「人面鯉」を発見、かなりイケメンの鯉でした。

DSC_1705.JPG

DSC_1735.JPG

DSC_1725.JPG

少食な私は「鯉のあらい定食」を注文しました。小鉢には「鯉の白子の燻製」「鯉の切り身の南蛮漬け」「鯉の卵の唐揚げ」がついています。どれも初めて食べる鯉料理、臭みもなくさっぱり美味しくいただけました。

DSC_1716.JPG

鯉のあらい」は盛り付けも綺麗、お店オリジナルの酢味噌は優しいお味でした。

DSC_1713.JPG

鯉コク」はとてもクリーミー、ポタージュみたいでした。

DSC_1720.JPG

お漬物には「苦瓜の佃煮」もありました。

DSC_1717.JPG

鯉の餡かけ」がついたコースなどいろいろなコースもありました。

line_537224040397981.jpg

鯉料理」は脂っこさもなくてさっぱりしていました。お腹いっぱい食べたのにお腹に持たれる感じもなくて別腹を持ち合わせていない私でさえ食後のデザートが欲しくなるくらいでした。鯉はかなり栄養も多くて体に良い成分があるとの事、疲れた時にはよさそうです。

鯉料理は「高井田養魚場」って決めていたのですが昨年の豪雨での被害やコロナ禍で閉業していて本当に残念、でも新たに美味しいお店を見つけられて良かったです。

お腹を満たした後は次の目的地「雄川の滝」へと向かいました。続きはまた明日〜(^^)/~~~


シェフの料理の詳細なレシピなどを紹介しています。


KIMG0193.JPG


👘「綺綸堂福岡教室」&「東京LESSON」は春までお休みいたします👘

👘綺綸堂はHPはこちらです👘
posted by diary-kirindou at 23:02 | Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: