着物で東京散策

2013年09月05日

10月24日から27日、東京に行きます。友人のライブの着付けをかねてのおのぼりさんです。

着物を着て、上野、浅草、銀座などを歩いてみたいと思っています。ご都合のつく方は一緒に東京できものを楽しみませんか?日程や宿泊などは自由に決めていただいて、25、26日の私の企画に参加という形でのご案内です。

25日 11:00
上野「韻松亭」でランチ

上野「下町風俗資料館」見学

浅草寺
↓ 
 待乳山聖天 本龍院
                  ↓
スカイツリー

26日 13:30
「大島紬でライブに行きましょう」
            目黒「カフェイリブロス

銀座 甘味どころ「立田野

アンティーク着物「円窓之やや

かりんとう「たちばな

以上のような内容で計画しています。

「韻松亭」はお豆や季節のお野菜を使ったお料理がいただけます。お庭がとても綺麗でそれも楽しみのひとつかも。

「下町風俗資料館」は懐かしい下町の様子を模型や資料で楽しめます。「韻松亭」から歩いてすぐのところにあります。

「浅草寺」は雷門や仲見世で有名ですよね。「待乳山聖天 本龍院」は「浅草寺」から歩いて10分ほど、良縁、家庭円満、子宝などにご利益があるとか、東京のパワースポットのひとつです。そのあとは「スカイツリー」に行きます。

25日の移動は都バスを使います。上野から浅草を回るシティービューみたいな路線があるとの事、一日乗車券500円で乗り放題、町並みを眺めながら移動できるのが良いですね。

夕方以降は各自自由にお過ごしください。

26日は目黒駅近くにある「カフェイリブロス」と言うお店で友人の「藤明美さん」「宇都良太郎さん」の島唄ライブを大島紬で楽しみましょう。「カフェイリブロス」はラテン文化に出会えるサロンです。ラテン系のお店で大島紬を着て島唄を楽しむってちょっと面白いですよね。明美さんの島唄はネイティブと言うよりももっと親しみやすく分かりやすい島唄の心を伝えるといった感じですから、気軽に楽しめると思います。

そのあと銀座に移動して、ライブの後に一休み、甘味どころで甘いものをいただきましょう。鹿児島ではなかなか目にすることのないアンティーク着物のお店にも行ってみたいと思います。銀座のお土産に「かりんとう」も。。。「たちばな」はかりんとう御三家と呼ばれるお店のひとつで一番美味しいとの評判です。私も始めて食べた時はあまりのおいしさに衝撃を受けました。

25,26日のスケジュールは以上のようになります。参加費はランチ代、資料館入場料、ライブチケット代を含め2日間で10,000円になります。お申し込みは九月末日までにお願いします。

どちらか一日だけの参加でもかまいませんので、お問い合わせください。鹿児島から参加の方もありますが、東京近郊の方で興味のある方がいらしたらぜひご参加ください。着物は大島紬がない場合は小紋やその他の紬などでも構いません。

ご参加をお待ちしています。

☆新しい講座のご案内☆

■「デニムの着物 手作り講座」を開講しました。詳しくはこちらをご覧ください。

★お知らせ★

■綺綸堂は下記住所に移転しました。

『鹿児島市西田2丁目19−12 満塩ビル 3F』

中央駅西口から歩いて5分ほどのところです。お気軽にお立ち寄りくださいね〜☆

★綺綸堂からのご案内

■「ぬいぐるみリラックマ、ミッフィー、テディベア)」に着物を着せて「和装ウェルカムベア(ドール)」をお作りします

着物のコーディネイトのアドバイスいたします。詳細はこちらをご覧ください。

■「綺綸堂」はマンツーマン指導の着付け教室(鹿児島市)で、着付けも承っています。 通常のコース以外に「プロ着付け師コース」「花嫁着付けコース」「男性の着付け」などの講座もあります

posted by diary-kirindou at 23:44 | Comment(0) | キモノでお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: