田舎のお寿司

2009年08月26日

何かと慌ただしくて料理は息子の任せっぱなしの毎日ですが、たまにむしょうに食べたくなるものがあります。「ばらずし」と呼んでいる母が作ってくれていた田舎のお寿司です。我が家では「お寿司」といえば「ばらずし」、おふくろの味になっています。

料理上手な息子でも、これはまだ作れません。。。というわけで気分転換に私が作りました。

干ししいたけ、切干大根、ごぼう、レンコン、竹の子、厚揚げ、お肉(鶏肉や豚肉)などを小さく刻んで油で炒め、甘辛く味付け、水分がなくなるまで煮詰めます。人参は小さく刻んでお酢に漬けておきます。酢飯に具と人参を加えます。最後に錦糸卵を飾れば出来上がり。

私の「ばらずし」は具だくさんで酸味控えめ(酸っぱいのが苦手)なので、子供たち曰く「すし風混ぜご飯」だそうです。我が家では「ばらずし」をたっぷり作り、翌日はごま油でいためて「すしチャーハン」とよんでいただいています。これがまた美味しいんですよ。ぜひ試してみてくださいね♪

いつもお世話になっているA先生から「資生堂パーラー」の「チーズケーキ」をいただきました。ちょっとしょげていた今日の私への先生からのエールでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一口サイズの可愛い御菓子ですが、しっとりした生地のなかにはチーズがいっぱいで、優しさの中にもコクがあり、幸せな気持ちになれるお味でした。

 

☆「お稽古ギャラリー」8/26分(2件)更新しました 。

夏素材(楊柳、ダブルガーゼ)で肌着(着物スリップ、着物用ステテコなど)作りました。詳しくはこちらをご覧ください。浴衣用肌着としてもオススメです。

綿着物手作り講座」を開講しました。細かいところのみ手縫いで、それ以外はミシンで縫っていきます。詳しくはこちらをご覧ください。

浴衣着付け講座」を開講しました。詳しくはこちらをご覧ください。「カップルコース」もありますよ♪

綺綸堂」はマンツーマン指導の着付け教室(鹿児島市)です。
通常のコース以外に「美容師コース」「花嫁着付けコース」「男性の着付け」などの講座もあります。
「工房綺綸堂」では、可愛い「オリジナル着物スリップ(和装用補正肌着、浴衣用肌着))」や「和柄のシュシュ(着物地)」などの「オリジナル小物」の販売や「和装ウェルカムベア」の作り方のご指導などもしています

posted by diary-kirindou at 23:13 | Comment(0) | 今日の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: