懐かしいお弁当

2009年08月24日

昨日のお稽古のとき、T子さんからお弁当の差し入れをいただきました。午前中のお稽古を済ませ、一緒に「倶楽部綺綸堂」に出かけることになっていたので、「お出かけ前にご一緒に」とお心遣いいただきました。

竹の皮をイメージさせるつつみのお弁当は「えんこ弁当」です。遠行や遠足の時の懐かしいお弁当を再現してあるものです。

高菜のおむすびの中には鰹節が、海苔巻きおむすびのなかには鮭が入っていました。おおきなおむすびでしたが、中までほんのり塩味がしていました。おかずは、さつま揚げ、玉子焼き、シシャモ、たくあんだけでしたが、どんなお弁当より珍しくて懐かしいお味で「美味しい、美味しい」と言いながらいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おむすび一個がそれはそれは大きくて、手に持って丸かじりしながらいただくことでした。少食の私には一個が精一杯、残りは夕飯の時にいただきました。
子供たちが子供の頃、空手の大会の時にいつもこんなお弁当を食べていました。「げんこつ弁当」という名前で、たくあんとメザシだけだったような気がします。たまにはこんなお弁当もいいものですね♪

 

息子にもお弁当をいただきました。

鮎の甘露煮とお煮しめの入ったこちらも懐かしい感じのするお弁当、お煮しめはとてもよくお味が滲みてました(ちょっとだけ味見させてもらいました)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新八代駅の名物「鮎屋三代」を思わせるお弁当でした♪

T子さん、いつもいろいろお心遣いありがとうございます。本当に嬉しくて美味しいお弁当でした。

 

☆「お稽古ギャラリー」8/24分(3件)更新しました 。

夏素材(楊柳、ダブルガーゼ)で肌着(着物スリップ、着物用ステテコなど)作りました。詳しくはこちらをご覧ください。浴衣用肌着としてもオススメです。

綿着物手作り講座」を開講しました。細かいところのみ手縫いで、それ以外はミシンで縫っていきます。詳しくはこちらをご覧ください。

浴衣着付け講座」を開講しました。詳しくはこちらをご覧ください。「カップルコース」もありますよ♪

綺綸堂」はマンツーマン指導の着付け教室(鹿児島市)です。
通常のコース以外に「美容師コース」「花嫁着付けコース」「男性の着付け」などの講座もあります。
「工房綺綸堂」では、可愛い「オリジナル着物スリップ(和装用補正肌着、浴衣用肌着))」や「和柄のシュシュ(着物地)」などの「オリジナル小物」の販売や「和装ウェルカムベア」の作り方のご指導などもしています

posted by diary-kirindou at 20:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: