12月の「倶楽部綺綸堂」

2008年11月19日

11月も半ばを過ぎ、冷え込みも厳しくなってきましたね。
ちょっと早めですが、12月の「倶楽部綺綸堂」のご案内です。

12月6日(土)午後1時から「おさらい会」を開催いたします
会場は鹿児島中央駅近くの「ダイエー」の7階にある「鹿児島市勤労者交流センター」の第2和室、参加費は500円になります。しばらくお稽古から離れている方や、上の級のお稽古で初級の帯結びがちょっと不安という方、お正月に備え、おさらいしませんか?また、生徒さん以外でも着付けに自信のない方、着付けに興味のある方など、どなたでも遠慮なくご参加くださいね。

「おさらい会」に引き続き、4時からは同じ会場で、「秋松さん」という若い男性による「鹿児島の芸者さんのお座敷芸」をご披露頂きます
「秋松さん」はお若いのに鹿児島の芸者さんたちのお座敷芸を絶やさぬようにと、頑張っていらっしゃいます。今日、打ち合わせをして、いろんなお話をしてきましたが、本当にシッカリした考えをお持ちで、日々驚くほど熱心に芸を磨いていらっしゃいます。高齢になられた元芸者さんたちをたずねてはお稽古をつけてもらったり、お三味線のお稽古やご指導もしておいでとのことでした。
6日は、三味線の生演奏で踊りや唄やとんちのきいたお話などを披露してくださいます。ほかでは見ることのできない「鹿児島の芸者さんのお座敷芸」です。鑑賞のみでもかまいませんので、ぜひぜひ足をお運びください。こちらは無料となっています。ご覧になりたい方は、ご連絡くださいね。

「秋松さん」の踊りを楽しんだ後は「石原荘」にて御食事です。冬にしか味わえない食材を使った「北海鍋」を頂きます。「冬にはこれが一番よ」と石原荘の女将さんからオススメ頂きました。こちらは参加費4,500円になります。

12月の「倶楽部綺綸堂」は盛りだくさんの内容でお届けしますが、どれかひとつだけの参加でもかまいません。年末へ向け、たっぷり楽しんで英気を養ってください。
お申し込みは12月5日(金)までにお願いします。
電話 099−250−6428
Mail kirindo@po5.synapse.ne.jp

打ち合わせでお目にかかった「秋松さん」は着物姿、紫の長羽織の似合うほっそりした青年です。すっかり意気投合、月一のデートのお約束をしてきました。秋松さんと私、二人の着物姿、かなり目立ったようで、いつも以上に強い強い視線を感じました。秋松さんのお顔は12月6日まで秘密です、お楽しみに!!

 

 

 

 

 

綺綸堂」はマンツーマン指導の着付け教室です。
「工房綺綸堂」では、可愛い「オリジナル着物スリップ(和装用補正肌着)」や「和柄シュシュ(着物地)」の販売や「和装ウェルカムベア」の注文も承っています

posted by diary-kirindou at 03:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: