金継ぎ

2021年04月01日

今夜のご飯は「たけのこご飯」、私の大好きなご飯茶わんに盛り付けてあります。

DSC_2053.JPG

器の上のほうに金色っぽいラインが入っているのはひび(にゅう)の入った部分を金継ぎしてあります。金粉はお値段が高いのでを使ってありますが…どこかに依頼したものではなく自分で繕っています。エポキシ樹脂ではなく天然の漆を使い、何度も漆を塗ったり乾かしたりして最後に錫で仕上げています。

割れたお皿を錫で仕上げました。

DSC_2056.JPG

二つに割れたお茶碗を継いだところです、黒い線は継いだところ、薄い色の線はヒビが入っているところです。これから何度か漆を塗って仕上げていきます。

DSC_2055.JPG

我が家には祖母や母が使っていた古い食器がたくさんあり、ひびが入っていたり欠けていたり、割れてしまったものもあるのでそれを大事に使いたいと思って金継ぎを始めました。お茶碗が割れても自分で直せるので「これも直さなくっちゃ」って感じで楽しんでいます。

本格的な金継ぎは漆でかぶれてしまうので手袋をはめたりとかなり気を付けないといけないのですが、幸いにも私は全くかぶれません。素手で触っても平気なので「もしかしたら天職かも」と思ったりしています( ´艸`)

母たちの使っていた器をまた使えるようになるのが本当に嬉しいです〜♡


シェフの料理の詳細なレシピなどを紹介しています。


DSC_2054.JPG


👘「綺綸堂福岡教室」&「東京LESSON」は春までお休みいたします👘

👘綺綸堂はHPはこちらです👘
posted by diary-kirindou at 22:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする