映画「花戦さ」を見に行ってきました

2017年06月05日

昨日は「ミッテ10」で6月3日から公開されている映画「花戦さ」を見てきました。

野村萬斎さん、市川猿之助さん、佐藤浩市さん、中井貴一さん、佐々木蔵之介さんと豪華俳優陣が出演の映画は本当に見ごたえがありました。それぞれの俳優さんの迫真の演技に思わず引き込まれてドキドキしたり笑ったり涙を流したりと夢中の2時間でした。原作本は半分ぐらいしか読み進めていなかったのですが、早く全部読んでもう一度映画を見てみたいなって思いました。

朝ごはんを食べずに出かけたので映画を見ながらフライドポテトを食べようと思い買ったのですが、食べたのは最初のうちだけで途中から画面にくぎ付けでお腹がすいているのも食べるのも忘れていました( *´艸`)

映画上映後はこの映画の原作者で鹿児島出身の「鬼塚忠先生」の舞台挨拶がありました。

1496588895470.jpg

映画が出来るまでのエピソードやご自身の思い出話など楽しいお話をいっぱい聞かせていただき、作品だけでなく先生のお人柄にも引き込まれてしまいました。

映画のポスターの前で記念撮影!

1496588911236.jpg

ポスターの色と着物の色が何となく似てますね、写真を見てビックリでした。

夜は「鬼塚先生を囲んでのトークショー」に行ってきました。参加者の方から映画についてや「花戦さ」の本についての感想や意見などがあり、それらの内容を踏まえて先生がいろいろなエピソードや先生の思いなどを話してくださいました。先生のお若い時の経験がいろいろな作品を生み出す力や読む人を虜にしてしまう魅力につながっているんだなと感じました。素敵なトークショーに参加出来て本当に光栄でした。

DSC_1721.JPG

鬼塚先生の新作「恋文賛歌」は鹿児島も舞台になっている作品で映画化も決まっているそうです。本も映画も楽しみです

朝は洗える着物で映画を鑑賞しましたが、夜は十日町紬の単衣で出かけました。実は「花戦さ」にちなんで花をあしらってあります。イヤリングは黒い薔薇、帯飾りも薔薇のついた手作りです🌹

映画「花戦さ」は本当に見ごたえあって素晴らしい作品です。皆さんもぜひぜひ映画館に足を運んでみてくださいませ。


福岡教室開講に伴い入会金半額キャンペーンを実施いたします。「綺綸堂HP」をご覧ください

『完全マンツーマン指導の着付け教室「綺綸堂 福岡教室」が開講しました。
6月は9日(金)〜11日(日)、23日(金)〜25日(日)の開講です。
教室の詳細は近日中にHPでお知らせします。興味のある方はお問合せくださいませ。
場所:福岡市博多区博多駅東2-9-25 アバンダント84 607号室』

🌹毎日の「お稽古の様子」は「こちら」をご覧ください。

🌹着付け教室については「こちら」をご覧ください。

🌹着物の販売については「こちら」をご覧ください。

🌹着物生地のアロハシャツについては「こちら」をご覧ください。

🌹その他、お問い合わせの方は「こちら」よりお気軽にどうぞ





posted by diary-kirindou at 00:00 | Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする