土鍋炊き 秋刀魚ご飯

2011年11月20日

お刺身用の新鮮な秋刀魚があったので、これで御飯物を作ってみようと息子が作ってくれたのは「土鍋炊き 秋刀魚ご飯」です。

まずはお米を洗ってざるで水切りをしておきます。その間に、秋刀魚の頭、尻尾、内臓を取り除いて塩をして網で焼きます。

秋刀魚がこんがり焼きあがったら土鍋にお米を入れ、その上に焼いた秋刀魚とたっぷりの千切りしょうがとセロリの葉っぱをのせ、昆布と鰹節でだしをとり、塩やしょうゆ酒などで味付けをしただし汁を入れて、炊きます。

ご飯が炊き上がったら十分蒸らしてふたを取り、秋刀魚をほぐして骨を取り除きます。シャモジで十分ほぐしたら、細切りの青しそをかけていただきます。

セロリとしょうがの効き目でしょうか、全く魚臭さを感じることもなく、上品なお味の炊きこみご飯ができました。しょうがの風味はほどよく残っていましたが、セロリ臭さは全くなくて、セロリが入っているなんてだまっていれば絶対に気づかないかも。

本当においしいご飯でした。たっぷり作ったのですが、二人してかなり食べてしまいました。ちょっとだけ残ったご飯はおむすびにして、お昼ご飯に炭火で焼いていただきました。

手間がかかりそうな感じですが、案外簡単にできますよ。土鍋でなくても電気釜でもおいしく炊けると思います。ぜひ試してみてください。


お稽古ギャラリー更新しました

★11月のイベント★

11月25日(金)〜29日(火)に「リサイクル&アンティーク着物フェア」を開催します。詳細はこちらをご覧ください。

12月3日(土)「おもてなしの日」を開催します。詳細はこちらをご覧ください。

★11月から「美容体操講座」を開講します。詳細はこちらをご覧ください


開店のご案内★

「綺綸堂」が「着付け教室、カフェ綺綸堂、ちっちゃな着物屋さん」として新店舗をオープンしました。鹿児島市上之園町8-8 寿アパート101です。お近くにいらしたら、ぜひ遊びにいらしてくださいね♪

★11月の店休日★

■毎週水曜日、第2・4木曜日(2日、9日、10日、16日、23日、24日、30日

綺綸堂からのご案内

■「ぬいぐるみリラックマ、ミッフィー、テディベア)」に着物を着せて「和装ウェルカムベア(ドール)」をお作りします

着物のコーディネイトのアドバイスいたします。詳細はこちらをご覧ください。

■「綿着物手作り講座」を開講しました。詳しくはこちらをご覧ください。

■「綺綸堂」はマンツーマン指導の着付け教室(鹿児島市)で、着付けも承っています。 通常のコース以外に「プロ着付け師コース」「花嫁着付けコース」「男性の着付け」などの講座もあります

■「工房綺綸堂」では、可愛い「オリジナル着物スリップ(和装用補正肌着、浴衣用肌 着)」の販売をしています

posted by diary-kirindou at 17:00 | Comment(0) | 今日の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする